訪問看護用語集 Glossary

身体障害者手帳

身体障害者の各種サービスの利用に必要な証明書。
対象となる障害は、「視覚障害」「聴覚障害」「音声・言語機能障害」「そしゃく機能障害」「肢体不自由」「内部障害である心臓機能障害」「 呼吸器機能障害」「じん臓機能障害」「ぼうこう又は直腸機能障害」「小腸機能障害」「免疫機能障害」「肝臓機能障害」の計12種類。障害を複数もつ場合は、各部位に対して個別に等級がつき、その合計で手帳等級が決定される。1・2級は重度(特別障害者)、3級以下は中度・軽度(一般障害者)に区別される。

訪問看護(プライベート看護)の利用事例