訪問介護について About Home Nursing

ご家族の睡眠をサポート

  • 自費の訪問看護(プライベート看護サービス) の特徴
  • 実際のご利用事例
  • サービス利用者の声
  • サービス品質への取り組み
  • ご利用までの流れ
  • ご利用料金について
  • データで見る自費の看護
  • サービスラインアップ

 「毎日徹夜の看護はつらい。看護師さんに看護を任せてぐっすり眠りたい」

 ご自宅で看護を行うご家族にとって、毎日看護を行う体力を保つためには、適度な休息が大切です。毎日の睡眠は特に重要な休息ですが、昼夜問わず看護が必要な対象者様の場合、十分な睡眠時間の確保が難しくなります。「夜間も定期的に吸引が必要」「ターミナル期で、誰かが付き添わないとご本人もご家族も不安」「一晩で何度もトイレの介助が必要」など、看護のため睡眠時間が短くなると、身体的にも精神的にも疲労が蓄積してしまいます。

 介護保険の訪問看護事業所の中には24時間対応体制の事業所があり、緊急時には夜間でも対象者様宅を訪問しますが、緊急時以外は基本的に夜間訪問を行っていません。

 プライベート看護サービスでは、夜間帯のご利用依頼にもお応えしております。夜間帯の看護サービスをご利用いただいている主な対象者様は、「夜間でも吸引や呼吸器管理などの医療行為が必要な方」や「ターミナル期の方」などです。ご家族に安心してお休みいただくために、夜間の看護を看護師に任せていただいております。

  1. プライベート看護サービス 【夜間帯の看護サービス】の特徴
    • 医療行為や身体介助など、一晩の看護をすべて任せていただき、ご家族が安心してお休みになれるようサポートいたします。

    • 対象者様の状態に変化が見られる場合、事前に主治医から受けた指示と看護知識に基づき、適切な対応を判断します。緊急時以外は、ご家族の休息を妨げることはありません。

    • 看護師は夜間看護のために体調を整えて訪問するため、訪問中に仮眠はとりません。

 今回は、ご家族に代わって夜間の看護を任せていただいたケースをご紹介します。看護師が毎週1回、23時から翌6時まで滞在し、ご家族の睡眠をサポートした事例です。

ご利用事例詳細を見るこの事例の「詳細」を見る

この事例の基本情報

対象者とそのご家族の基本情報

対象者 Rさん、80歳代前半女性。心不全。 ご家族 長女、孫と同居。次女夫婦が遠方にお住まい。

ご要望

・母(対象者様)は夜間の吸引が必要で、自分(長女様)と、離れて暮らす妹が交代で夜間の看護をしていたが、妹が通えなくなった。妹の代わりに看護をお願いしたい。
・自分は日中仕事があり、連日徹夜の看護は体力的に厳しい。週1回来てもらいたい。

当社が提供したケアの内容

・吸引、トイレ介助、などの看護。
・23時から翌6時までの看護を任せていただき、長女様にはゆっくり休んでいただく。

本事例のポイント

・長女様の睡眠中、夜間帯の看護全般をご提供。
・サービス開始後、Rさんの吸引回数が減り夜間看護の負担が軽減された段階で、サービス利用を終了。

その他の利用事例