訪問介護について About Home Nursing

いつまでも元気に一人暮らしを続けたい(目次)

  • 自費の訪問看護(プライベート看護サービス) の特徴
  • 実際のご利用事例
  • サービス利用者の声
  • サービス品質への取り組み
  • ご利用までの流れ
  • ご利用料金について
  • データで見る自費の看護
  • サービスラインアップ

1.はじめに

 本ケースでは、血糖値管理をはじめとしたご本人の状態管理が看護師の主な役割となります。一般的には必ずしも看護師が介入しなくてもよい段階から入ることで、状態の維持向上を図ることが可能になったケースです。看護師の持つアセスメント力は、医療項目、治療項目だけに活かされるわけではなく、生活全般の食事、運動、排せつ、睡眠、これら全てを健康状態向上のために役立てることができます。

2.生活サポートも看護師がやる

 栄養バランスが課題となっていたため、家政婦さんが作る食事から、栄養士が管理した宅配食に切り替えることを提案しました。今はとてもたくさんの種類がありますので、ご本人の好みも考慮しながら、何種類かを提案させていただきました。試す中で、ご本人も気に入るものがあったため、継続して利用するようになりました。これに合わせて、ご家族の要望で家政婦さんの介入をやめ、生活サポートも全て看護師が行うようにしました。簡単な家事から食事介助、それら生活全般にわたって介入することで、24時間看護師が看守る体制としたのです。

3.日常の細かな健康管理

 24時間看護師が側に居る状態は、ご本人にとってもストレスになる可能性があったため、距離感を大切にしました。居室にはナースコールを設置し、お一人の時間も設けるようにしています。それでいながら、ご本人の様子はよく把握できるため、状態管理は細かな部分まで可能となります。食事、運動、排せつ、睡眠、生活の全般にわたり、ご本人の状態を把握し、状態管理に役立てます。

4.入院時も普段のスタッフが付添う

 できる限り在宅で過ごすことは目標ですが、短期的に入院した方がよいと判断するのも、普段のアセスメントが効果を発揮します。本人の状態変化を主治医に伝え、相談の上、入院を決定することもあります。その場合は、入院中の病室にスタッフが付添い、ご自宅での状況と大きな変化がないようにします。状態が回復すればまた自宅に戻りますから、切れ目のないケアを実施するためにも効果を発揮します。

5.できる限りご自宅で過ごす

 このようにして状態管理、健康管理を行いながら、できるだけご自宅での生活を継続できるようサポートしています。マンツーマンの看護によってきめ細かな管理を行い、それでいながらご本人のストレスや負担にならないように付添う。非常に難しいことですが、ご本人との信頼関係を大切にしながら、各スタッフが最善を尽くすことで実現しています。

その他の利用事例