訪問介護について About Home Nursing

結婚式の看護師付き添いの事例

  • 自費の訪問看護(プライベート看護サービス) の特徴
  • 実際のご利用事例
  • サービス利用者の声
  • サービス品質への取り組み
  • ご利用までの流れ
  • ご利用料金について
  • データで見る自費の看護
  • サービスラインアップ

 結婚式は一生に一度の晴れの舞台である。新郎・新婦にとって生涯の思い出となるばかりでなく、大切な人へ「ありがとう」の気持ちを伝える重要な場面でもある。
 ところが、その感動の場面に両親や祖父・祖母が病気で出席できないことがある。
 以前と比べ駅やホテルなどハード面のバリアフリー化はだいぶ進んでいるが、外出時に使える介護サービスがまだまだ不足しているのが実情だ。
 そんななか、少しずつではあるが病気や障害を抱えた出席者が安心して結婚式に参加できるように、看護師の付き添いサービスを利用するケースが増え始めている。

ご利用事例詳細を見るこの事例の「詳細」を見る

この事例の基本情報

対象者とそのご家族の基本情報

対象者 女性、60代、パーキンソン病。 ご家族 ご主人。結婚式にはご主人が同行。
対象者の
状態
ほぼ寝たきり、日常生活の全てに介助が必要、認知症、筋拘縮が進行、視力・聴覚は問題なし、意思の伝達困難(発語困難)。
・パーキンソン関連疾患5度(最も重い:5段階)
・ 寝たきり度C2(最も重い:4段階)
・認知症の状況Ⅳ(重いほうから2段階目:9段階)
・要介護5(最も重い:5段階)

ご要望

ご主人より、息子さんの結婚式の日に会場ホテル内での看護師付添いを依頼される。

当社が提供した看護ケアの内容

結婚式・披露宴中の全身状態観察、経管栄養、オムツ交換、口腔内吸引、移動介助(車椅子)など
・人員 看護師1名。
・時間 半日

本事例のポイント

ご主人の強い思い
①息子の結婚式に病気の奥様を参加させたい。もし参列は無理でもせめて同じホテルで過ごさせたい。
②前泊の際、ホテル客室に自宅と同じ様な環境を作ってあげたい。

その他の利用事例