訪問介護について About Home Nursing

末期がん患者と親友との温泉旅行の事例

  • 自費の訪問看護(プライベート看護サービス) の特徴
  • 実際のご利用事例
  • サービス利用者の声
  • サービス品質への取り組み
  • ご利用までの流れ
  • ご利用料金について
  • データで見る自費の看護
  • サービスラインアップ

 私たち訪問看護師は入院中の患者さんから、最期に自宅で家族と過ごす時間が欲しいからとか、息子・娘の結婚式には必ず出席したいからという希望を受けて、病院からの一時外出や外泊中の付き添いをさせていただく機会がある。
 中にはかなり重篤な場合もあるのだが、たとえ外出中に死んだとしても構わないから必ず行きたいのだ!と訴える患者さんもいるのである。
 ただし患者さん希望だと言っても病院や家族など周りの方々が外出に向けて様々な形で支援するからこそ、その希望が実現するのである。
 今回ご紹介する事例では、時には大きなリスクを犯してでも外出したいと思う患者さんの心理、そして患者の願いを叶えようと一生懸命になって協力する周りの方々の姿を知っていただきたい。また一時外泊を通して、患者さんと周りの協力者の人達との絆がより強く結ばれる様を少しでもお伝えできたら本望である。

この事例の「詳細」を見るこの事例の「詳細」を見る

この事例の基本情報

対象者とそのご家族の基本情報

対象者 男性、50代、がん末期。 ご家族 病院に入院中。娘さん、一時外出には親友が同行。
対象者の
状態
余命1ヶ月。がん性疼痛あり医療用モルヒネ投与、人工肛門。
少しなら自力歩行可、外出時は車イス。体重・筋力減少、体力低下が著しい。

ご要望

もう一度親友と温泉旅行に行きたい。

当社が提供した看護ケアの内容

・日帰りの温泉旅行中の見守り。
・疼痛管理、脈拍・体温・血圧等の測定、歩行介助、入浴介助。
・人員 看護師1名。
・時間 病院から温泉施設の往復、半日間。

本事例のポイント

1.患者と周りの人達の強いこころのつながり。

2.外出中に急変するリスクを犯してまで外出を希望する患者と、一生懸命になって協力する関係者。そこまでして一時外出を行なう意義とは何であったのか。

その他の利用事例