訪問介護について About Home Nursing

早朝・夜間・深夜の長時間看護の事例

  • 自費の訪問看護(プライベート看護サービス) の特徴
  • 実際のご利用事例
  • サービス利用者の声
  • サービス品質への取り組み
  • ご利用までの流れ
  • ご利用料金について
  • データで見る自費の看護
  • サービスラインアップ

 夜間でも看護を必要としている患者さんがいる。
 例えば、がんの終末期の患者さんは睡眠が不規則になり昼夜が逆転してしまうことがある。また、手術後は一時的に情緒不安定になって夜も暴れたり落ちつかなくなる人もいる。
 就寝中の医療面の安全や精神的な安心感を得たい、というのが夜間にも看護が必要とされる理由である。・・・

この事例の「詳細」を見るこの事例の「詳細」を見る

この事例の基本情報

対象者とそのご家族の基本情報

対象者 お父様、70代、がん終末期。 ご家族 一人暮らし、お子様の家族は離れて住む。
対象者の
状態
がん手術後に再発・転移が見られ余命告知あり。
強い痛みにより睡眠が不安定になり昼夜が逆転。早朝・夜間・深夜でも頻繁なケアが必要な状態。食欲不振のため低血糖リスクあり。
体位変換(自力)、歩行 (ふらつき有り・介助)、栄養(経口)、排泄(トイレ・歩行介助)、入浴(自立)、せん妄あり。

ご要望

(ご本人)余命の告知を受け残された人生を好きなように生きたい。なるべく家族には負担をかけずに自分のことは自分でやりたい。

当社が提供した看護ケアの内容

<基本ケア>
吸引、在宅酸素管理、体温・血圧・脈拍のチェック、血糖値チェック(低血糖回避のため)、輸液点滴(水分・栄養補給)、低血糖時のブドウ糖液・静脈注射、水分摂取介助、トイレ歩行介助、整容。
<疼痛管理>
痛みが強い場合の鎮痛剤投与(服薬、坐薬)。
<せん妄対応>
不穏時の抗不安剤(坐薬)、不眠時の睡眠薬投与(経口)、精神安定のためのマッサージや音楽、声かけ。
・人員 看護スタッフ5名
・時間 最初の一週間:毎日・夜間20:00-翌9:00(13時間) 退院後・2日間・24時間(お看取り)

本事例のポイント

1.一人暮らし患者さんをご家族は心配していた。

2.夜間も看護師は休む暇なくケアを行なう日々が続いた。

3.最期は看護師が24時間体制で常駐しながらお看取りまでお手伝いした。

その他の利用事例