訪問介護について About Home Nursing

65歳以上の介護保険料

  • サービス内容
  • 制度による違い
  • 利用条件
  • 利用回数や時間数
  • 開始までの流れ
  • 訪問看護料金
  • 在宅看護とは
  • 家族看護とは
  • もっと知る

介護保険制度においては、65歳が境目の一つになっています。介護保険料の納付先や被保険者としての立場など、65歳以上でどのような点が変わるのかをまとめました。

65歳以上は介護保険の第1号被保険者になる

介護保険制度では、満40歳から介護保険料の徴収が始まります。40歳から64歳までは、第2号被保険者と呼ばれ、健康保険や国民健康保険のような医療保険に上乗せして介護保険料を納めていることが特徴です。ただし、第2号被保険者の場合は、加齢に伴って生じる疾病である「特定疾病」と認められなければ、介護保険サービスを利用することはできません。その後、65歳の誕生日月からは第1号被保険者に切り替わります。第1号被保険者であれば、市町村から要支援あるいは要介護状態と認められれば、スムーズに介護保険サービスを使うことが可能です。なお第1号被保険者になると、介護保険料の支払先が住んでいる市区町村に変わり、健康保険料とは別に納めることになります。

所得に応じて介護保険料が変わる

65歳以上の介護保険料は、国の定めた基準をもとに、各市区町村が3年に1度ずつ定めています。また、一般的には所得の低い人の負担が少なく、高所得の人は支払い能力に応じて払えるようにするため、「所得段階別保険料」が採用されていることが特徴です。所得段階別保険料では「基準額」を定めたうえで、個人や世帯の所得状況や課税状況から負担額が求められます。基本的には6段階に分かれているところがほとんどですが、住んでいる市区町村によって違うので確認してみましょう。

支払方法は年金の受給額によって異なる

65歳以上の介護保険料の納付方法は、年金の受給額によって異なります。年金額が年18万円未満の場合は、普通徴収です。個別に納付書が送られてくるため、自分で市区町村に納付しなければなりません。口座振替が利用できる市区町村も多いので、払い忘れが心配な場合は利用するとよいでしょう。一方、年金額が年18万円以上の場合は、特別徴収になります。特別徴収とは、年金から自動的に天引きされるシステムです。なお、特別徴収を開始するには、半年から一年ほど準備期間が必要な場合もあり、その間は普通徴収と同様に納付書を使って支払うことになります。また、年度の途中で転入・転出をしたり、受給する年金の種類が変わったりした場合にも特別徴収にはなりませんので気をつけてください。

65歳の誕生日月の当月、または翌月には、保険料額決定通知が届きます。自分の介護保険料や納付方法をきちんと確認し、支払い漏れなどがないように注意しましょう。