訪問介護について About Home Nursing

もしも家族が認知症になったら

  • サービス内容
  • 制度による違い
  • 利用条件
  • 利用回数や時間数
  • 開始までの流れ
  • 訪問看護料金
  • 在宅看護とは
  • 家族看護とは
  • もっと知る

認知症は徐々に症状が進行していく病気です。日が経つごとに症状の現れ方も変わるため、介護する家族の関わり方や心構えが大切になります。もしも家族が認知症になったらどうしたらよいのか、ポイントをまとめました。

正しい知識を身につけて、介護サービスを利用しよう

認知症は早期発見ができるかどうかが、その後の症状の進行に大きく影響します。「もの忘れが激しくなっている」など、少しでも家族の異変を感じた場合は、すぐに医療機関に受診することが大切です。認知症は型によっても、症状の出方や対応の仕方が変わってきます。専門家の助けを得たり、専門書を読んだりなどして正しい知識を身につけて、家族の介護に活かす姿勢が必要です。また、介護保険などのサービスを積極的に利用することで、介護者の負担を減らすことができます。どのようなサービスが利用できるのか、一度調べてみましょう。

できることを大切にした介護をしよう

認知症は脳の知的機能が衰え、進行していく病気です。しかしながら、できることが全くなくなってしまうわけではありません。認知症の症状やできなくなったことばかりに目を向けるのではなく、残された能力に目を向けて介護を行う心構えが大切です。認知症の患者であっても、できることは本人が自分でやるように促しましょう。ときには見守ることで、患者本人は社会や家族の中で役割を得られるようになり、自尊心を保つことが可能です。病気が進行しても行動障害などの周辺症状が出にくくなる傾向にあります。

ネットワークを広げて、自分を追い込まないように

認知症は症状が進行すると、介護をする家族の負担が大きくなってくる場合もあります。そのため、家族は介護サービスを利用することはもちろん、公的な相談機関や訪問看護、地域社会などとつながりを持つことが大切です。認知症であることを恥ずかしがったり、隠したりする必要はありません。現状を周囲に知らせることで、協力者を得やすくなることもあります。家族だけで抱え込まずに、ネットワークを広げていきましょう。
特に、同じ認知症の介護経験者などとつながりを持つことは、介護の参考になるだけでなく、精神的な支えになるケースもあります。介護者である家族が自分を追い込まないことは、介護を続けていくうえで何よりも大事にしたい点です。介護だけの生活にならないよう、自分の時間もきちんと持つようにしましょう。

もしも家族が認知症になったら、正しい知識を身に着け、サービスを積極的に利用していくことが負担の軽減につながります。介護する家族だけで抱え込まずに、ネットワークを広げていくことも必要です。どのような団体やサービスがあるのか、調べてみましょう。