訪問介護について About Home Nursing

老人ホームと訪問看護の違い

  • サービス内容
  • 制度による違い
  • 利用条件
  • 利用回数や時間数
  • 開始までの流れ
  • 訪問看護料金
  • 在宅看護とは
  • 家族看護とは
  • もっと知る

老人ホームと訪問看護は、どちらも高齢者のケアをする点で一致しています。しかし、老人ホームと訪問看護にはどのような違いがあるのでしょうか?今回は老人ホームと訪問看護について解説します。

老人ホームにはいくつかの種類が存在する

老人ホームには、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホーム、老人保健施設などがあります。特別養護老人ホームは社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な介護施設です。常に介護が必要な状態で自宅での介護を困難とする、65歳以上の要介護1~5の人が対象となります。有料老人ホームは主に民間の事業者により運営されている施設で、自立生活が可能な人から要介護者まで幅広く入居できるのが特徴です。グループホームは認知症の高齢者が生活の介助や支援、機能回復訓練などを受けながら共同生活を行う施設です。一方、老人保健施設はリハビリを受けるために一時的に入所する施設のことを言います。

老人ホームに看護師は常駐しているの?

特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームは、入居人数に応じて配置する看護師の人数が規定されています。つまり、何名の要介護者に対して何名の看護師の配置が必要ということが決められているのです。ただし、夜間に対する規定は特にないため、日中のみ看護師が常駐しているというところも多いというのが現状です。また、介護付き以外の有料老人ホームに関しては、看護師の人員配置の規定は特にありません。したがって、看護師が常駐していないところもあれば、逆に24時間体制が取られているところもあるなど、事業所によってさまざまなケースが見られます。

訪問看護は老人ホームと何が違うの?

訪問看護は、看護師や保健師等が自宅で療養を行っている患者様を訪問し、食事や入浴、排泄などの療養上のケアを行うサービスです。訪問介護と大きく異なる点は、訪問看護師による医療行為が可能なことです。訪問看護師が行う医療行為には、血圧や脈拍測定等の健康状態のチェック、点滴や床ずれ処置などの医療的な処置などがあります。その他、カテーテル管理や投薬指導なども実施します。その他、ご家族の精神面のケアや看護指導なども必要に応じて行われます。また、訪問看護は多くの事業所が24時間体制でサービスにあたっています。そのため、老人ホームと異なり、緊急時にいつでも連絡を取ることが可能です。

老人ホームも一般的に看護師を配置していますが、訪問看護の場合24時間体制を取っていること業所が多いという利点があります。また、老人ホームと訪問看護では費用面でも大きく異なってくるでしょう。