訪問介護について About Home Nursing

訪問看護スタッフってどういう人?

  • サービス内容
  • 制度による違い
  • 利用条件
  • 利用回数や時間数
  • 開始までの流れ
  • 訪問看護料金
  • 在宅看護とは
  • 家族看護とは
  • もっと知る

訪問看護は、保健師や看護師、理学療法士等が患者様宅を訪問し、必要に応じて、患者様の健康状態の観察や医療処置、リハビリテーションなどを行うサービスです。今回は、訪問看護スタッフとそれぞれの役割についてご紹介します。

医師の指示に基づいた医療処置や健康状態の管理を行う「訪問看護師」

訪問看護師は看護師や保健師などの資格を有するスタッフです。患者様の自宅を訪問し、医師の指示に基づいて、患者様の健康状態のチェックやインシュリン注射や点滴、血糖測定やカテーテル管理などの医療行為を行います。また、患者様の日常生活のお世話も訪問看護師の仕事です。患者様の食事や排泄のサポートをはじめ、清潔な状態を保つように患者様の体を拭いたり入浴介助などを行います。その他、嚥下訓練や機能回復訓練などを実施したり、ご家族の精神面のケアなどを行うこともあります。

訪問看護師にはより専門性の高い看護師がいる場合も

訪問看護師のなかには、保健師や訪問看護認定看護師など、専門性の高い看護師がいる場合があります。保健師とは、病気の予防や健康増進のための指導を行う専門家です。養成機関で専門知識を身につけ、国家資格に合格した看護師が保健師として仕事をすることができます。一方、訪問看護認定看護師とは、日本看護協会によって「熟練した看護技術と知識を有する」ことが認められた訪問看護師のことです。保健師と訪問看護認定看護師はどちらも専門的な技術や知識を生かした高レベルの看護・ケア、患者様家族に対する指導やサポートなどを行う訪問看護師のエキスパートです。

訪問看護におけるリハビリテーションの専門家

訪問看護サービスの事業所には、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリの専門家が在籍し、利用者のリハビリテーションケアを行っているところが多くあります。理学療法士は医師の指導に基づいて歩行訓練や筋力増強訓練などを行い、立ったり歩いたり等の運動機能の回復にあたります。一方、作業療法士は、指を動かしたり、食事や入浴など日常生活に必要な機能を回復するサポートを行うのが仕事です。また、言語聴覚士は言語機能や嚥下機能などを回復するサポートを行います。

より質の高い訪問看護サービスを受けるには、看護やリハビリテーションの専門家がいる医療機関に訪れることが望ましいです。医療機関を利用する際は、事前にどのようなスタッフが揃っているかを確認するとよいでしょう。