ご利用事例 The Usage

目的で探す老衰で余命わずかな対象者の強い希望もあり、1泊2日の外泊で自宅に連れて帰りたい。

このケースに当てはまる利用者像

対象者 80歳代 男性 ご家族の
状況
妻、長男夫婦、次男夫婦
外泊当日は妻、長男の嫁、次男の嫁が自宅に宿泊。
対象者の
状態
ADL全介助。経口摂取もほとんどできず、点滴をしている。尿バルンカテーテル挿入中。
◇殿部に褥瘡があり、エアーマット使用中。

訪問看護(介護)で行ったケア

外泊中に急変する可能性もあったが、ご本人の帰宅に対する希望が特に強かったため、ご家族も覚悟された上での外泊であった。1泊2日の外泊で、初日は病院からお付添い。介護タクシーに同乗し、移動の介助も行った。介護未経験のご家族で不安も強かったため、なるべく一緒にいてケアをすることを心掛けた。

ご自分で動くことができないため、体位変換が必要であり、ご家族に一つずつ注意点を説明しながら行った。ご本人は自作のベッドに休まれ、落ち着いた表情。その後色々と訴えがあったが、ご家族は慣れないながらも、ご本人の希望に沿えるよう精一杯対応されていた。また、尿バルンカテーテルや夜間の観察ポイント、急変時の対応についても説明。連絡先一覧を記載し、電話の横に貼って頂いた。

翌朝再度訪問、夜間は特にお変わりなく過ごされたとのこと。ご家族も「思ったより眠れました」と落ち着いた表情。ご本人も帰院を拒否することなく、穏やかであった。

↓

行ったケアによる効果

介護未経験のご家族であったが、体位変換を何度も看護師と一緒に行い、ゆっくり時間を過ごすことで少しずつ慣れ、安心された様子。この外泊の数日後、この方はお亡くなりになった。

体位変換や尿バルンカテーテルの管理等を病院で習得されてからでは、外泊のタイミングを逃してしまったかもしれない。思い立った時にすぐに実行に移せたことで、自宅に帰りたいというご本人の希望を叶えることができた。

全てのご利用事例を見る