上手なご利用方法 The Usage

退院直後の在宅看護支援

このケースに当てはまる利用者像

対象者 80代 男性 肺がん ご家族の
状況
奥様
対象者の
状態
肺炎の疑いで検査目的で入院していたが徐々に体調が悪化。
肺がんターミナルとなりご家族で相談の結果、ご自宅での看取りを希望。

訪問看護(介護)で行ったケア

排痰援助、排泄援助、看取りに向けたご家族のサポートをメインに対象者様が安楽に過ごせるように夜間のみの援助を行いました。
↓

行ったケアによる効果

対象者様が病院にいたころと比べ安楽にされており、病院での反応とは違っていたこと、思っていたよりも安定した状態を持続できていることに喜びの言葉をいただきました。

全てのご利用事例を見る